本文へスキップ


English

ガーデナ市委員会

歴史・目的

ガーデナ市委員会設立の背景には、市川市と米国カリフォルニア州ガーデナ市との長い姉妹都市提携の歴史があります。
1961年東京で開催されたロータリークラブ世界大会で、市川とガーデナのロータリークラブが姉妹縁組したのを契機に両市の交流が始まり、ともに大都市 (ロサンゼルス、東京)に隣接した都市であること、ガーデナ市では日系市民が20%をしめていること、ロータリークラブが姉妹縁組していることから姉妹都市提携を結ぶことを決定し、翌年11月に両市長の調印が行われ正式に姉妹都市提携を締結しました。その後の活動は市川市姉妹・友好都市協会(ガーデナ、楽山、メダンの3都市)やいちかわ国際交流連絡協議会(WING)を中心に展開され、2001年の市川市国際交流協会(以下IIA)設立で両組織が合併し、今日の委員会となりました。
 ガーデナ市委員会の目的は、ガーデナ市との友好親善の推進はもとより、地域に根ざした国際交流活動を展開することにより、市民の国際化意識を高め、在住外国人と共に世界に開かれた地域づくりに寄与することにあります。

主な活動
上記の目的を達成するため、下記5つの行事を中心に、活動を展開しています。
1)青少年の派遣と受け入れ
隔年で青少年(市川市からは高校生)を派遣、受け入れをしています。
2)市民親善代表団の交流
5年ごとの節目に市民団の訪問、来市受け入れを行い、両市の文化交流を行っています。
3)会員の交流会
他市の国際交流協会との交流、在日の各国大使館を訪問して各国文化を理解するバスツアー、茶道、折り紙、書道など日本の伝統文化を学ぶ講習会などを通じ、在住外国人と会員どうしの交流と親善を図っています。
4)講演会の開催
時節にふさわしいテーマで専門家や体験者の講演を開催しています。
5)各種イベントへの参加
市やIIA主催の各種イベント(市民まつり、インターナショナルデイなど)に積極的に参加し在住外国人との交流を図っています。
3.姉妹都市提携50周年と今後の活動
2012年は市川市・ガーデナ市姉妹都市締結から50周年の節目の年となり、市川市民団のガーデナ市訪問、ガーデナ市民団の来市など大きなイベントが行われました。
50周年を節目に今後の課題を整理し、国際交流の第2ステージへと活動を活発にしてゆきます。

過去のイベント

2017年講演会「どうなるトランプ政権?揺れるアメリカ、世界」

5月25日、新装なった全日警ホールで今年度第1回の講演会が開催されました。
昨年につづき、上坂講師にトランプ大統領のはなしをしていただきました。
最新の情報により、政権の運営状況、大統領の資質として問題視されていることなどを解説、さらに、精神的な病におかされているのではという大胆な見方も披露されました。
アメリカそして世界の行方に不安を感じさせる講演となりました。

2017年 第2回全体会と会員の集い

1月26日、今年度第2回の全体会と会員の集いを開催しました。全体会では、今年度の活動を振り返り、来年度の計画について意見交換を行いました。会員の集いは、「アメリカよもやま話」と題してアメリカ在住経験者や何度も旅行している方のお話を聞いたり、カリフォルニアの動画を見たり、お茶と共に楽しみました。話題はガーデナ市との姉妹都市締結55周年記念行事に集中したようです。

2016年 講演会「どうなる世界経済」

今年度第2回目の講演会は、9月15日八幡市民談話室で約30名の受講者を迎えて開催されました。昨年5月に引き続き、市川在住のエコノミスト松下 滋氏を講師に迎え、世界の情勢と経済について講師独自の観点からお話いただきました。
世界は、リードする国がいない、リーダー不在の時代、いわばGゼロの時代に入り、グローバリゼーションという大きな波の中で経済規模の大きな先進国はそれぞれが問題をかかえ、出口を模索しているような状態であるということです。主要各国の現状を説明し、日本経済は、何といっても経済成長が抜本対策の「的」となりますが、企業の技術革新、中高年層の潜在的ニーズ把握、規制改革の実行による刺激策が必要と解説されました。結論は世界経済大変な時代ということですが、数々のエピソードを盛り込んだお話は興味深く聴くことが出来、改めて経済の重要性を認識した機会となりました。

2016年 ガーデナ市青少年代表団来市

7月25日から8月1日まで、ガーデナ市から4人の青少年と1人の引率者が来市し、市長への表敬訪問を始め、市内外の各所を訪問、市川の学生会との交流、日本文化の体験などを楽しみました。休日には、ホストファミリーと過ごし楽しい思い出をつくりました。IIAと市共催の歓迎夕食会では
今回の訪問の感想を述べたり、ダンスを披露したり、たくさんの出席者から喝采を浴びました。

2016年度 第1回全体会

6月23日、今年度第1回の全体会を開催し、今年度の活動計画の、夏に来日するガーデナ市青少年代表団の受け入れについて、5月に実施したアンケートの結果について確認し、意見交換しました。

2016年 アンケート実施

5月に、ガーデナ市委員会会員にアンケート調査を行いました。会員の要望を把握して、今後のより活発な活動、より良い事業の実施に役立てる目的です。
100人以上を対象に実施し、約23%の回答率でした。ガーデナ市との交流については、80%以上の人が興味ありと回答しました。

2016年 講演会 「トランプ旋風」とアメリカ国民感情 

5月9日、今年度第1回のガーデナ市委員会の講演会は、40人を超える受講者を迎え、旬の話題である「ドナルド トランプ氏」につき桜美林大学名誉教授、上坂 昇氏にお話しいただきました。
 パワーポイントを使った多くの写真紹介を交え、トランプ氏の勢い、政策、なぜ旋風を巻き起こすほどの支持があるのかなどを解説し、大変興味深い講演となりました。

2016年 「ニューイヤー・フェスタ2016」

1月24日、インターナショナル・デイ イン いちかわとして初めての企画である「ニューイヤー・フェスタ2016」に参加、福引を担当しました。「世界のお正月を楽しもう」というコンセプトが良かったのか、会場は300名を超す盛況でした。福引は会員から寄付していただいた様々な品物を仕分け、全員に当たる賞品、抽選で当たる賞品とわけて実施しました。高級ボールペン、ブランド品、商品券など魅力的な賞品がならび、大いに盛り上がりました。

2015年 茶話会「ガーデナ市をもっと知ろう」

12月9日、お茶とお菓子を楽しみながら日ごろの活動について話し合う会員のつどいとして茶話会を開催しました。市国際交流課のご担当の方に来ていただき、ガーデナ市の現状や組織などのお話を伺いました。また、今後の交流のあり方など、有意義な意見交換の場となりました。

2015年 講習会「みやげづくり」

10月7日と21日にローゼンハイム市委員会と共同で、11月に来市するローゼンハイム市公式代表団の皆さんに渡す「トート・バッグ」を制作しました。あらかじめ用意した本体部分に落としキルトを加えて完成しました。本番の歓迎夕食会で全員にお渡しし、大変喜ばれました。作った甲斐があったなとこちらも嬉しくなりました。

2015年 講演会「貧困から資産と名誉を勝ち得た強運のアメリカ大統領」

9月4日、今年度第2回の講演会を開催しました。講演者は、IIA会員、政治学博士、邊牟木廣海(へむき・ひろみ)氏です。今回のテーマ「強運のアメリカ大統領」とは、第38代大統領、ジェラルド・R・フォードJR.のことです。
今回氏がフォード大統領の本を出版するのに先立ちその内容を先取りした講演でした。
少年時代から大統領になるまでの道のりを様々なエピソードを織り交ぜてお話しいただきました。そしてその裏にいくつかの強運が後押ししたことを知りました。副大統領、大統領となった時、いずれも選挙を経ずして就任した唯一の大統領なのです。

2015年講演会「世界経済とわたしたちの生活」 

5月22日、八幡市民談話室で今年度第1回の講演会を開催しました。今世界で何が起こっているか、そしてそれは私たちの日常生活にどう関わるかを市川在住のエコノミスト、松下 滋氏にお話しいただきました。お話のポイントは、@世界情勢は何が起こってもおかしくない、不測の時代、A今後の中国の動向、Bさらなる成長戦略が求められている日本、C文化が経済を呼ぶ「日本の文化を世界に滲みだす」で、大変分かりやすい講演でした

2015年講演会「アメリカの治安と人種問題」

2月27日、満員の会場に桜美林大学名誉教授、上坂 昇氏をお迎えして首題の講演会を開催しました。先生のご専門である、アメリカの政治、社会研究から治安と人種問題をテーマにお話しいただきました。テーマを象徴する2014年に起きた3つの事件、治安改善のための歴代ニューヨーク市長の取り組みなどを紹介。そして高いマイノリテイの犯罪率の影にあるアメリカ格差社会の問題を指摘され、日本の社会のこれからを考えさせられる有意義な講演でした。

2015年会員の集い

3月13日、市民談話室で「全体会」と「折り紙教室」の会員のつどいを開催しました。
今年度の活動を振り返り、来年度の計画を話し合ったあと、「ピョンピョンカエル」の折り紙を教えてもらいました。作ったカエルは指ではじくとピョンとジャンプします。ジャンプの長さを競ったりして楽しい時間が過ぎ、もうひとつの折り紙「くちびる」は次回のお楽しみとなりました。

2014年講習会「手づくりサンタとクリスマスカード」

クリスマスも間近い12月19日、八幡市民談話室でサンタクロースとクリスマスカードの手づくり講習会を開きました。サンタクロースは「おきあがりこぼしころりんサンタ」という工作キットで、発泡半球、白木半球、布、ボール紙などの材料を組み合わせて作りました。出来上がるとおきあがりこぼしになります。
 クリスマスカードは折り紙でツリーを作り、台紙に貼り付け、デコレーションを加えて完成です。完成した作品を持って、「メリークリスマス!」と互いに挨拶して、楽しい講習会を終えました。

2014年インターナショナルデイ イン いちかわ

 10月26日、鬼高さんしゃ祭のプログラムの一部としてグリーンスタジオ(メデイアパーク市川内)で開催され、当委員会は海外都市交流部会としてパネル展示を行いました。今回は天候にも恵まれ、会員以外の一般市民の方々もたくさん来場され、ステージでのパフォーマンス、ロビーでの展示は終日にぎわいを見せていました。

2014年市川市青少年のガーデナ市派遣

 7月28日から8月6日まで、市在住の高校生9人をガーデナ市へ派遣しました。ガーデナ市委員会では、市国際交流課、青年部学生会と協力して出発前のオリエンテーションなどで支援を行いました。一行は、現地で7日間のホームステイをし、市役所、議会、警察、博物館、テーマパークなどを訪問、自由行動日にはホストファミリーと観光やスポーツを楽しみました。フェアウエルパーテイーではピアノ演奏やダンスなども披露、活発な交流を行いました。帰国後の8月18日には報告会を開き、派遣生ひとりひとりが自信に満ちて笑顔で発表する姿が印象的でした。

2014年講演会「現代アメリカ事情第2回」

 前回(2月)好評だった講演会の第2回目を5月23日に開催しました。講師は同じく
IIA会員の邊牟木廣海(へむき・ひろみ)氏です。今回はアメリカの生活に焦点をあて、日本とは違う様々な生活の側面を話していただきました。定住せずキャンピングカーで暮らす人がたくさんいる、芝生を刈らないと罰せられる条例がある州、入学手続きまで子供自身が行い自立心を育てる、大麻を容認する州がある、全員射殺が原則のテロ対策など驚くことばかり。
改めて日本とアメリカの社会の違いを認識させられました。

2014年講習会「くす玉づくり」

 市川の桜が開花し始めた3月28日 今年度最後の「全体会議」のあと、くす玉づくりの講習会を開きました。くす玉は、折り紙を2枚重ねて部品を40個作ります。その部品を10個づつ輪につなぎ、4つの輪を束ねて球形にします。手間がかかりますが、出来上がった時の満足度は大きく、皆熱中して取り組みました。出来上がったくす玉は、今年の夏、ガーデナ市に派遣される市川の高校生達のお土産として持って行ってもらう予定です。

2014年講演会「現代アメリカ事情」

 厳冬の2月7日、たくさんの聴講者を迎えて「現代アメリカ事情」の講演を開催しました。講師はIIA会員でNPO異文化研究会代表の邊牟木(へむき)氏です。長いアメリカ生活の経験から、国家、国土、民 俗、人種、宗教、政治、社会、教育、国際関係など多岐にわたる話をしていただきました。姉妹都市のガーデナ市のあるアメリカ合衆国ですが、意外と知らないことが多いことを知りました。海外都市交流では、相手の国のことを知り、また日本のことも知り、教えられるようになることが大切です。この講演会はシリーズでまた開催する予定です。

2013年講習会「折り紙教室(サンタクロース)」

 クリスマスも近い12月20日、小さなお子さんも交えて、皆でサンタ クロースとギフトバッグを折りました。講師は市内在住の95歳の方ですが、その手さばきに一同感心するばかり。ご指導の甲斐あってたくさんの折り紙が完成、孫のプレゼントができたと大喜びの人もいました。

2013年インターナショナルデイ イン いちかわ

 10月20日、あいにくの雨の中、行徳文化ホールでインターナショナルデイが開催され、ガーデナ市委員会と海外都市交流各委員会は「体験しよう日本の文化」、「日本の踊り」の2つのプログラムを行いました。日本文化体験コーナーでは、習字、折り紙、お茶を体験していただき、ステージでは、よさこいソーランや日本舞踊を楽しんでいただきました。

2013年ガーデナ市青少年代表団来市

 8月1日、3年ぶりとなるガーデナ市からの青少年代表団9人が来日しました。帰国する8日まで一行は、市長、市議会議長表敬訪問、昴高校訪問、少年自然の家でのバーベキューと宿泊、動植物園、コルトンプラザ、現代産業科学館、いちかわ市民花火、デイズニー・シー、市川警察、法華経寺の見学、IIA学生会との意見交換会、IIA主催の送別会に参加。真夏の日本で暑さにもめげず、精力的に活動しました。メンバーの感想は、「また来たい」、「もっと知りたい」、「移住したい?」など、すっかり市川が気に入ったようです。

2013年講習会「日本の伝統文化を学ぶ(礼法)」

 6月28日開催。日常生活の中で何気なく行っている動作を改めて見 直し、その正しい基本型を知ることにより外国人との交流の場で日本人としての教養を発揮することができる・・・というのがこの講習の目的です。井上薫講師をお迎えして、席次の上下関係、相手に近づく時や、席に坐る時の初動、風呂敷の種類や選び方、袱紗の天地、包み方、ほどき方などを学びました。最後に皆で縁紅紙で「つるの箸置き」(写真)を作りました。

2013年50周年記念誌発行

 ガーデナ市との姉妹都市提携50周年を記念して記念誌を発行しました。「市川市・ガーデナ市姉妹都市50年の歩み」と題した記念誌には、市川、ガーデナ両市長、IIA会長のお祝いの言葉、50周年を記念して相互に訪問した、市川市訪問団、ガーデナ市代表団の記事、交流に携わった方々の思い出、50年の歴史を示す年表、青少年の交流記録などを掲載しました

2012年ガーデナ市代表団来市

 11月2日、代表団一行21人が来日、6日の帰国まで市内外の視察など多くの行事に参加しました。代表団のたっての希望で3日の市川市民まつりに参加、団長のイケジリ市長代行が挨拶されました。写真はIIA主催の送別会で着物姿で壇上に勢揃いした代表団の方々です。

2012年ガーデナ市代表団来市

 11月3日、市川市民まつりに参加した代表団は、IIAが用意した特設ガーデナブースで、市川市民と交流、ガーデナでホームステイした学生会のメンバーとの再会など楽しいひと時を過ごしました。

2012年市川市民団ガーデナ市訪問

 7月3日から大久保市長を団長とする市川市公式訪問団と市民団が3日間ガーデナ市を訪問しました。今回の訪問では姉妹都市締結50周年を記念してガーデナ市役所で記念文書の交換、記念植樹が行われました。歓迎会ではプレゼントの交換、日本のエンターテインメントの紹介などが行われ交流の輪が広がりました。写真は、ガーデナ市役所隣接の公園での撮影です。

2012年折り紙講習会

 ガーデナ市委員会では、海外都市交流のための知識や技能の向上のために講習会を開催しています。今回は会員のつどいとしてキャンデイー・ボックスとコマを作り、外国の方に手ほどきしたり、お土産として差し上げたりと有効活用ができます。作品はこの年ガーデナ市を訪問した市川市民団のお土産としました。

2011年市川市民祭り

 2011年の市川市民まつりでは、IIAのインターナショナル・ストリートが設置され会場内にブースとなるテントが並びました。ガーデナ市委員会及び海外都市交流委員会ではで駄菓子を販売しました。バルーン・アトラクションなども交えて多くのお子さん達が立ち寄ってくれました。

2011年インターナショナルデイ

 市川市在住の外国人の方々と一緒に日本と外国の様々な文化を楽しむインターナショナルデイが開催されました。ガーデナ市委員会と海外都市交流委員会が用意した日本文化体験コーナーでは、在住外国人の方々に抹茶、書道、折紙の体験をしていただきました。

2011年インターナショナルデイ

日本文化体験コーナーで折り紙体験を楽しむ子供たちです。

市川市国際交流協会 (IIA)市川市国際交流協会

〒272-0021
千葉県市川市八幡2-1-7
第1藤ビル2階
TEL 047-332-0100
FAX 047-332-0101
E-mail  info@iia21.jp
業務時間
9:00〜17:00
(12:00〜13:00は昼休)
土・日・祝祭日