本文へスキップ


English

メダン市委員会

歴史・目的

世界的不況の中にあっても、順調なGDP成長を遂げている国の一つにインドネシア共和国があります。
メダン市はそのインドネシア・北スマトラ州の州都です。市川市との連携は、1984年(昭和59年)から始まり、数々の交流実績を経て1989年(平成元年)9月、市川市議会は両市の姉妹都市締結を全会一致で議決し、同年11月にメダン市長を団長とするメダン市代表団を迎えて姉妹都市締結に関する盟約書の調印式が行われました。

風光明媚な観光地メダン市
1860年代にオランダのたばこ会社が進出してから急速に発展し、周辺地のタバコ、ゴム、茶、アブラヤシなど産物の集散地として繁栄。現在は石油の積み出し港、ベラワン港を擁し、スマトラ島最大の交易の中心地、重要な商業都市として発展しています。市内には歴史的史跡としてマイムーン宮殿やラヤ・モスク(回教寺院)があり、また市郊外にあるトバ湖周辺は風光明媚な観光地として知られています。

両市交流の歴史
青少年の相互派遣交流を盛んに行っています。市川市からメダン市へはこれまでに7回実施されました。また、メダン市からは今回(2012年8月)が12回目となりました。これら交換交流を通じて互いに文化、歴史、風俗などの違いを知り、その上で理解を深めてきました。ちょっと珍しい交流としては、1992年(平成4年)、メダン市から2頭のオランウータンが寄贈され、その後2頭が生まれて4頭家族となり、市動植物園の人気者となっています。

主な活動

1) 聾学校への補聴器寄付
日本で中古となった補聴器を再調整してメダン市の聾学校(2校)へ医師の派遣とともに補聴器の寄付を行ってまいりました。
この事業により多くの聾唖者が救済されていますが、大きな費用が必要であるため決して充分とはいえない状況にあります。
2) 奨学金の寄付
経済的に恵まれない子供たちの教育支援事業として奨学金の贈呈を永年続けてきましたが、資金源の確保に難航し現在は休止しております。
3) 災害支援事業
2004年12月に発生したスマトラ島沖地震ではメダン市はじめ近隣の都市が想像を絶する大被害を受けましたが、市川市国際交流協会関係者が全員で駅頭募金活動などにより獲得した災害義援金をメダン市の国際交流協会に贈呈しました。
4) 青少年派遣と受入れ
他の都市と同様に青少年の夏休みのホームステイ事業を継続しております。
5) 柔道着の贈呈
運営資金に苦労している民間の柔道学校へ中古柔道着の贈呈を行ってきました。これは市川高校のご支援によるもので、卒業時に不要になった柔道着を譲り受けメダン市に送っています。 アンクルン演奏

過去のイベント

海外の人たちとお抹茶を楽しみました

2017年3月18日、市立新浜小学校で日本語教室の修了式のあと、9カ国の海外の大人と子どもを含んだ、総勢44名のお茶会をしました。
桜の花の焼き印のついたお饅頭は、「綺麗だね。甘くて美味しいね。」と皆さんに好評でしたが、お抹茶は「苦い。飲めない。」とgive upする子もいました。
来年は子ども達に自分で抹茶を点てる体験をさせてあげたいと考えています。

市川市青少年代表団メダン市へ

市川市の青少年相互交流事業の1つとして、2016年8月15〜25日迄7名の高校生代表団が、インドネシアのスマトラ州メダン市へ派遣されました。派遣生たちは学校訪問、独立記念日式典参列、インドネシア高校生と一緒にトバ湖へ旅行、メダン市長主催送別夕食会、ホームステイなどを通じ、日本と異なる文化や環境、生活習慣を経験しました。派遣生一人一人にとって生涯忘れない貴重な宝物となるでしょう。

インドネシア スイーツ講習会

2016年7月30日 市川市立新浜小学校で、インドネシアのスイーツを作る講習会を実施。クーラーのない家庭科室で、長袖、ロングスカート、ベール姿の先生役のインドネシア人のお母さん3人は涼しげな顔で、メダン市委員会員は汗をふきふき、クルポン(ココナツ団子)とルンピアゴレン(揚げ春巻き)に挑戦。さつまいも、春巻きの皮、ビーフン等日本にある食材に、インドネシアの香料を加えただけで、アジアン料理に変身。
日本語教室の海外の子ども達は、「とても美味しい、美味しい。」と喜んで食べていました。

じゃがたらお春はあわれな生涯だったのか?

2016年11月18日、近代異文化交流史研究家の白石広子氏が、江戸幕府のキリスト教禁教のために、バタヴィアに追放された混血児じゃがたらお春の消息について講演。
昭和14年梅木三郎氏作詞による「長崎物語」の歌詞は、お春の遠い外国から日本を偲ぶあわれな様子が感じ取られますが、白石氏が、ジャカルタ、平戸、長崎でお春に関する古文書を調べたところ、教養のあったお春は、幸せな結婚をして7人の子どもに恵まれ、財をなし、とても裕福な生活をしたことがわかりました。
なぜ哀れな歌詞になってしまったのだろうか。追放女性は、哀れでなくてはならないという意識が、後世の男性にもまだ残っていたからではないかと、解説されました。

お抹茶のお味はいかが?

2016年3月19日、メダン市委員会の主催で、新浜小学校の日本語教室の修了式の後に、生徒18名、
インドネシア、中国、ベトナム、フィリピン、キルギス、ペルー6カ国の保護者の方々と、総勢40名の大お茶会を催しました。
中にはお点前(てまえ)に挑戦している人もいて、大変好評でした。

アンクルン演奏

インドネシア人千葉大学留学生を含む千葉インドネシアソサエティ22名が、2016年1月24日のニューイヤーフェスタの舞台で、竹でできたインドネシアの楽器アンクルンを演奏しました。
演奏者は美しい民族衣装に身を包み、日本やインドネシアの曲を軽やかな、また優しい音色で披露し、聴衆を魅了しました。

メダン市青少年代表団市川市訪問

メダン市から青少年代表団8名が2015年7月31日〜8月8日市川市を訪問しました。日本の高校生との交流、剣道・アニメ放送のアテレコ・風鈴絵付け、ホームステイ先での日本の生活等、日本への理解を深めてもらいました。
彼らは驚きの異文化体験を通じ、多くの思い出とともに元気に帰国してゆきました。

2015年 ハリラヤ料理

断食月が終わり、いよいよ断食明けの大祭。
世界一のイスラム教徒人口を抱える国、インドネシアのお正月を少しでも感じられたらと、7月11日、メダン市委員会員他18名がハリラヤ料理(断食明け料理)を体験しに、目黒のインドネシア料理店に繰り出しました。
断食後なのでまずは胃に優しい甘いデザートから始め、チキンのココナッツ煮、魚のばななの葉の包み焼きなど8品を試食しました。
インドネシアへ行った時の懐かしいお話をしながら、日本人の口にも合うインドネシア料理の味に参加し全員満喫しました。

2015年 イフタール

イスラム暦の第9月はラマダン(断食月)です。今年は6月18日から7月16日のひと月で、日の出から日没まで飲食を断つことが義務づけられています。断食中の日没後に最初に食べる食事をイフタールと言います。
7月4日行徳I&Iにおいて、8カ国以上500人を超えるムスリムが参集したイフタールの会が開かれました。各国の美味しい料理が所狭しと並んでおり、その種類と量に圧倒されました。食事の場所が男女別になっていることに2度びっくりしました。
ムスリムの文化を理解する必要性を肌で感じたひと時でした。

2015年 第1回インドネシア人会懇親会

6月7日(日)第1回「市川インドネシア人会懇親会」を市川市立新浜小学校で開きました。16名のインドネシアの方々を含む総計35名が集まりました。
インドネシアの方々からは自己紹介、本国でのお仕事等が披露され、日本人の紹介では、インドネシアとの関わりが話されました。
 インドネシアの皆さんが日本での生活に満足していらっしゃるご様子に安心しましたが、
緊急時の対応の仕方等、まだまだ行き届いていない点がありました。IIAとしての対応の必要性を改めて認識させられた思いがしました。

2015年 インドネシア高校生の市川昴高校訪問

日本語研修のため「Al-Azhar Kelapa Gading高校(ジャカルタ)」1年生18名が4月18日千葉県立市川昴高等学校を訪問しました。
 最初は日本とインドネシアの文化や習慣等を学び合い、途中からはゲームを楽しんだり、身振りを交えて英語で話しながら交流を深めていきました。その後、昴高校混声合唱部のディズニーメドレー、吹奏楽部の迫力あるマーチング演奏が披露されました。
 この交流会が、未来の日本とインドネシアの架け橋になるのではないかと考えると、なんだか嬉しくなってきます。

市川市派遣公式団・市民団メダンを訪問

 姉妹都市締結25周年を記念して市川市公式代表団6名(団長 松永鉄兵市川市議会議長)、市民団20名(団長 笹本瞭IIA会長)は10月14日(火)〜19日(日)まで、メダンを公式訪問しました。
初日、濱田雄二在メダン日本国総領事より、インドネシアの素晴らしさ、日本からの技術投資と人材育成の重要性のお話を伺いました。夜は、メダン市姉妹都市協会(バユ会長)主催の夕食会にお招き頂きました。日本に派遣された学生たちが、民族舞踊、歌を披露してくれました。
翌日は、ズルミ・エルディンメダン市長を表敬訪問し、交流協議書調印、記念品交換後、アーヤニ公園に移動してマトアと言う木の植樹式が行われました。
夜は、メダン市長主催の夕食会が行われました。そこで、この25年間の両市の素晴らしい友好関係を今後さらに継続、強化してゆくためには、若い世代にも積極的に参加してもらうことが肝心だということを、全員で確認しました。

インドネシアの夕べ

平成元年にスタートしたメダン市との交流は今年で25周年を迎えました。これを記念して、「インドネシアの夕べ」を9月13日(土)にコルトンホールで開催しました。
在日本インドネシア共和国大使館商務部長のジュリア・シララヒさんの流暢な日本語で、インドネシアの国の説明がありました。
又、華やかなバリ舞踊も披露され、詰めかけてくださった一般市民の参加も含めて130余名の方々を魅了しました。
その後、インドネシア料理会食会が行われました。各テーブルでは、観光旅行での経験や企業派遣滞在中の思い出など、談笑がいつまでも続いていました。その中でも第二次大戦での記憶を語ってくださった高齢者の方のお話には思わず襟を正したものです。

メダン市派遣公式団・市民団市川市訪問

市川市・メダン市姉妹都市締結25周年記念メダン市派遣公式団・市民団8名が市川市を訪問しました。
2014年5月15日、大久保市川市長を表敬訪問の後、市川学園を訪れ、メダンの柔道学校に柔道着を寄贈された古賀正一理事長へ、感謝の記念品が贈呈されました。
翌日は、津波で大被害を受けたひたちなか市を視察し、17日には、市川市動植物園にて市川市・メダン市姉妹都市提携25周年式典が執り行われました。両市の友好を祈願して、オランウータンの放飼場の前に陽光桜が植樹されました。
歓送会では、両市関係者が百名近く集まり、マンドリンの演奏でインドネシアの歌などが披露されました。最後に、南行徳花組の指導のもと、参加者全員で踊り、大いに盛り上がりました。

インドネシア大使館・インドネシア共和国学校訪問

2014年1月30日(木)、参加者25名で目黒にあるインドネシア大使館を訪問しました。ヘルヤナ参事官・各担当書記官からインドネシアの現状の説明があり、日本からはメダン訪問、青少年受け入れの思い出話が語られました。
スパイスの効いたインドネシア料理の美味しいお弁当をいただいた後、近くのインドネシア共和国学校を訪れました。ブンチャクシラットと呼ばれる空手風の実演や、授業中の教室を見学しました。
生徒たちの希望に満ちたキラキラした瞳が、とても印象的でした。

メダン市青少年代表団来市

2012年8月20日(月)から30日(木)まで、メダン市より8名から成るメダン市青少年代表団が市川市を訪問しました。
1992年(平成4年)に始まった青少年交流事業は3年間で受け入れ・派遣を1回ずつ行っています。
 一行は、市川市動植物園、市内梨園、県立現代産業科学館、市川昴高校などを訪問、また都内観光、豆腐やパン作りの体験など、市内外で幅広く見聞してもらうことが出来ました。また市川市動植物園では、1992年(平成4年)メダン市から寄贈されたオランウータンの子どもと対面をはたしました。市内梨園では梨狩りをし、おいしい梨を味わいました。

メダン市から寄贈されたオランウータン

メダン市から1992年(平成4年)にオランウータンのオス、メス2頭が寄贈されました。その後2003年(平成15年)には第1子が、2010年(平成22年)には第2子が誕生し、市川市動植物園で両市の友好に一役かっています。




市川市国際交流協会 (IIA)市川市国際交流協会

〒272-0021
千葉県市川市八幡2-1-7
第1藤ビル2階
TEL 047-332-0100
FAX 047-332-0101
E-mail  info@iia21.jp
業務時間
9:00〜17:00
(12:00〜13:00は昼休)
土・日・祝祭日